現役デリヘル店長が普段は聞けない話をカミングアウト!


佐々木(仮名)
年齢 41歳
住所 渋谷区
職業 デリヘル店長(オーナー)


――本日はインタビューを受けて頂き、ありがとうございます。佐々木さん(仮名)ははデリヘルの店長(オーナー)ということで宜しいですね?

そうですね。若い頃から風俗店の店長を雇われで数店舗して、5年前から自分で店を持つようになりました。首都圏から少し離れた場所でやってる零細企業ですが^^
今日は編集長さんのお願いなので何でも話しますが、、顔と名前を絶対出さないようにお願いしますね。あと、今日は30分しか時間が取れないです。



――ありがとうございます。では、早速、インタビューを開始させて頂きますね。
――ちなみに年収とかお伺いしてもいいですか?


オーナーなので会社のお金と自分のお金の区別が曖昧な部分がありますが、だいたい年収だと2,000万円くらいですね。もっと儲かっているところなんていくらでもあると思いますよ。
ただ、安定してお客さんも付いてきたので、そろそろ2店舗目を作る予定ですね。



――2店舗目!いいですね。開業資金はいくらくらいですか?

デリヘルなんて、携帯電話と車があればぶっちゃけ営業できる。あとホームページを作ってしまえば、だいたいハードはOK。やっぱり女の子がいい子を集めれるかがポイントで女の子の募集費が一番お金がかかるでしょうね。うちの場合は2店舗目なので一部の女の子を異動させます。1店舗目の場合は最初にお客さんが来ない時に女の子に保証を渡すことを考えるとまあ200万円くらいは開業資金に準備をした方が安心かな。



――年収2000万円もあるなんて羨ましいです

もし女の子が本番行為をしてしまったらどうなるか知っていますか?オーナーの私が逮捕されるんです。もちろんそんなことの無いように教育していますが、いつ誰かに嵌められるかも分からない。いまはいいですが、ずっと稼げると思わない方がいいでしょうね。



――女の子はどうやって集めるんですか?

いろんな方法がありますね。いまは一番多いのは楽だから求人サイトの掲載。あとは店の女の子からの紹介だったり、出会い系サイトで素人を装って探したり、バレたらやばいですが他の店舗の女の子を引き抜いたりですかね。他にもありますが、これ以上はヤバいのでこれくらいにしておきます。



――聞きたかったのですが、やっぱりヤ〇ザさんにお金を渡したりするんですか?

うーん、私の場合はちょっと特殊で知り合いも多いので、お金は渡していません。ただ、店舗型の風俗は組織にお金は渡しているところが多いと思います。最近は歌舞伎町は中〇系マフィアに渡している店舗も増えていると聞いていますね。この辺はとても複雑です。上納している間にいつのまにかフロント企業みたいな感じになっているところも多いですね。



――女の子の写真はやっぱり加工してるんですか?

あー、まあそうですね。ある程度は加工してますね。最近の技術はすごいので全員美人になる。騙されたってなると次にお客さんもまた来てくれないから、うちはそこまで加工しないようにはしてますけどね。店によってはほんとに別人の写真を使ってるケースがありますね^^



――店長だと女の子とエッチはしてるんですか?

うーん、デリヘルはあくまでも仕事なので私はそれはないですね。人によってやり方が違うだろうからそこはばらばらじゃないですか?



――問題のあるお客さんっているんですか?

ブラックリストはもちろんありますね。強引に襲われてしまって警察呼んだこともあります。これはもう犯罪。あとはストーカーになってしまうやばい奴もいる。



――ホテルに呼ぶ客と自宅に呼ぶ客ではどっちが多いんですか?

やっぱりほとんどホテルですよ。自宅は1割くらいかな。



――広告費ってどれくらいかけてるんですか?

うーん、うちは月に50万円くらいかな。まあ、お客さんが来ないと始まらないから必要経費と考えてますね。



――自分が客の時に女の子を選ぶ方法を教えてください!

かわいい子を選びたいってことですよね?まず店のパネルは加工が激しいから、日記などに上がっている写メを見る。他の女の子よりも高額になっている子。店のホームページでTOPに掲載されている子。ウエストが58以下。

あ、すいません、今日はもう出ないといけないです。



――了解しました。本日はありがとうございました!



インタビュー後記

見た目も渋くて男でも憧れる佐々木店長。普段は聞けない話を本当にNG無しで全て回答してくださいました。皆さん、如何でしたか?