これさえ読めばもう完璧!ゲイの特徴と見分け方


「ゲイのひとってどういう特徴があるの?」

「ゲイのひとの見分け方が知りたい」

そんなあなたのために、ゲイの見分け方、特徴をまとめました。

この記事をみると、あなたの近くにいるひとがゲイかどうかすぐにわかります。

まず、ゲイの見分け方を解説する前に、ゲイの種類を紹介します。

種類は大きくわけて、以下の2つです。

  1. 心・身体ともに99%女性
  2. 見た目は男性だが、心は女性

心・身体ともに99%女性

心から見た目まで、完全に女性に転換しているパターンです。

世間一般では「女装」といわれている可能性が高い。

ですが、本人は心から「女性」という可能性があるので、変に指摘したり、バカにしないようにしましょう。

そのひとの人格を傷つける場合があります。

見た目は男性だが、心は女性

外見からでは、「ゲイ」と判断できないパターン。

この記事では、特に「見た目ではわからないゲイ」の見分け方について解説していきます。

ではさっそく、見分け方を解説します。

見分け方を細かく要約すると以下の13個です。

  1. 仕草が女性っぽい
  2. ボディタッチが多い
  3. 男性を見つめる時間が長い
  4. 神経質
  5. 女性より美意識が高い
  6. ファッションへのこだわりが強い
  7. 流行に敏感
  8. 自己愛が強い
  9. ゲイ友達が多い
  10. 下着へのこだわりが強い
  11. 下ネタに対して無反応
  12. 恋愛話が好き
  13. 体を鍛えている

それぞれカンタンに説明していきますね。

仕草が女性っぽい

いじられたりしたときの反応が「えー、やだ!」など、ふとしたときに女性っぽい反応をしてしまうのがゲイの特徴です。

気が緩んでいるときにこそでやすい部分なので、日常会話の反応や話し方をよく観察してみましょう。

ボディタッチが多い

「いくら同性だからって…」と思うぐらい触れてくる同性がいたら、ゲイの可能性が高いです。

やはり、同性愛者のため、好みの男性は触れていたいものなのです。

「ベタベタ」してくるレベルで触れてくる場合だと、ゲイの可能性が高く、気に入られているのでしょう。

男性を見つめる時間が長い

男性が綺麗な女性をみつめてしまうように、ゲイもカッコイイ男性を見てしまいます。

同性に気がなければ、1秒以上みることはないと思いますが、「ジッ」と男性をみつめている場合はゲイの可能性が高いです。

神経質

この次に書く「女性より美意識が高い」と共通する部分ではあります。

他人からどうみられているか、など、身の回りにとても敏感です。

ちょっとしたことでも、執拗に反応・追求してくる場合、ゲイの可能性が高いですね。

女性より美意識が高い

ゲイといえど、身体は男性。

歳をとれば、「おじさん」に近づくため、清潔感にはとても気をつけています。

男性からではなく、1人の女性として「美」を意識しているひとが多いです。

ファッションへのこだわりが強い

女性がファッション好きのように、ゲイのファッションが好きです。

流行りの服やファッショントレンドをいち早く取り入れようとしていたら、ゲイの可能性があります。(単にファッション好きの可能性あり)

流行に敏感

ファッションだけに留まりません。

流行のカフェなど、流行っているものはなんでも気になる傾向があります。

女性の心をもっているため、流行に詳しい女友達が多い特徴も。

自己愛が強い

「美意識が高い」と共通する点でもあります。

ゲイという自分の個性を受け入れているためか、自分を大切にしているゲイが多いです。

ゲイ友達が多い

「類は友を呼ぶ」という言葉があるとおり、似たひとたちが集まっていることが多いです。

その中でコミュニティを作っているため、周りからはカンタンにゲイの集まりだとは判断ができません。

下着へのこだわりが強い

女性に「勝負下着」や「お気にいり」の下着があるのと同じように、ゲイは下着へのこだわりがあります。

下着を悩んで選んでいたり、お気に入りのしか履かない、ということがあれば、ゲイの可能性が高いです。

下ネタに対して無反応

女性が下ネタに対して嫌悪感を抱くのと同じですね。

ゲイは下ネタに反応を示しません。

ゲイということがバレたくないのではなく、ポリシーとして反応しない人が多いようです。

恋愛話が好き

女性が「恋バナ」を好むように、ゲイも恋バナを好みます。

女性の心をもっているゲイだと、特に恋愛についての話を好む傾向があります。

体を鍛えている

「美意識が高い」や「自己愛が強い」という特徴があるからか、ゲイには筋肉質なひとが多いです。

「ゲイ」という言葉を聞いて、ムキムキなひとを思い浮かべるひとも多いのではないでしょうか。

おまけ「ゲイかどうか判断する、たった1つの質問」

それは

「攻めの反対は?」

と聞くだけです。

本来の答えは「守り」なのですが、ゲイの人は

「ウケ」

と答えてしまうひとが多いです。

周りの人に一度聞いてみると面白いかもしれませんね。